ラブストシルエット

ロマンスといえばシルエットシリーズ、その中でもシルエット・ラブストリームばかり集めてみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

暗闇のマドンナ―宿命のバンパイア (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
シスター見習いのアンジェリカは、初雪の美しさに魅せられてひとりで街に出た。ところが路地で見知らぬ男に襲われ、忌まわしくもバンパイアに変えられてしまう。神に仕える身のわたしが呪われた怪物になってしまうなんて!絶望に打ちひしがれた彼女は街をさまよい歩き、生き血への飢えを必死にこらえて廃墟ビルに身を潜めた。やがて足音が聞こえ、美しい男性が目の前に立った。「ぼくが助けてあげるよ。もう大丈夫だ」抱きしめてくれた男性の喉に、彼女はとうとう…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
シェイン,マギー
新作を発表するたび、USAトゥデイやウォールデンブックスのベストセラーリストに登場する人気作家にして、全米読者賞等数々の受賞歴を誇る実力派。とりわけ、パラノーマルとロマンスの要素をうまく組み合わせたストーリー作りでは定評がある。ニューヨーク州の田舎町に住んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

愛は遠いあの日から (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
一八七七年、一人の娼婦が恋人を射殺し、自らも命を断った。男はならず者だったが、とらえられて縛り首になるよりは好きな女に撃たれることを選んだのだ。そんな悲恋物語などまったく知らないレイチェルは、最近自分に起こっていることが理解できずに、夜を恐れるようになっていた。眠っても、気がつくとガウン姿で町外れにたたずんでいたりする。夢中歩行は何かに近づきつつあるかのように、ますます頻繁になっていた。そしてとうとう、その姿を見知らぬ男に目撃されてしまった。いいえ、この人のことは知っている。黒髪の手触りも…。普段のレイチェルなら顔をそむけるような町の悪党の仲間を、その日から、彼女は目で捜すようになった。

永遠の宿る場所 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
レイチェルは暴漢に襲われかけたところをたくましい男性に助けられた。夜道で顔も見えないというのに、その男性の発する危険な香りは暴漢以上だ。困惑するレイチェルを残し、彼は名乗りもせずに立ち去った。翌日、その男性がカレン・ローガンだとわかって、レイチェルは愕然とする。嘘でしょう?あの札つきのならず者が、なぜ私を助けたの?この町に彼を温かく歓迎する者は一人もいないはず。そう、十五年前、謎の死をとげたカレンの父親をのぞいては…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ブランド,フィオナ
八年間ニュージーランド林野局に勤務後、作家。現在は二人の息子とともに、ベイ・オブ・アイランズに暮らす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

罪深きドクター―王家の恋〈10〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
セラピスト、サラ・ハンターはモンテベロへ向かう王室専用機内で期待と不安がいりまじった複雑な思いをいだいていた。突然口がきけなくなった幼い男の子の世話係として、治療のためにサー・ドミニク・キアラの屋敷に住みこむ予定なのだ。妻を失い、医師業に没頭する彼は息子の世話もままならないらしい。きっと、年老いて気むずかしいドクターなのだろう。そんな人物と生活をともにすると思うと、心は沈むばかりだった。到着早々、サラは国王主催の舞踏会に出席するよう命じられる。しかもまだ顔を合わせてもいないドミニクのお相手として。会場で待ち合わせることになり、借り物のドレスをまとった彼女は宮殿の召使いに教わって、サー・ドミニクなる人物を探しだした。驚いたことに、老人どころか輝くばかりにハンサムな男性だ。だがサラの目の前で彼は美しい女性を熱心に口説きはじめ…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
マクブライド,メアリー
ワシントン大学で比較文学と心理学の学士号を取得し、セントルイス大学で教育学の修士号をとった才媛。その後は長い間、身体障害者のための活動に従事した。作品は現代ものからヒストリカルロマンスまで幅広く、USAトゥデイのベストセラーリストにも顔を出す実力派。現在は家族とともにミズーリ州セントルイスに住む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

招かれざるナイト (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
フロリダ沖をしばしば襲うハリケーンさながら、デイビッド・デネムはいつもアレックスの人生をかき乱す。海洋冒険家デイビッドとの短い結婚生活が破綻して一年―リゾート地で働くアレックスの傷心はようやく癒えつつあった。海を見るたび彼の瞳を思って恋しくなるものの、美しい島でのおだやかな日々は何物にも代えがたい。ある日、アレックスは浜で女性の死体を発見する。ところがその直後、死体は忽然と姿を消し、時を同じくしてデイビッドがリゾートの客として現れた。なぜ今になって?まさか、彼はあの死体と関係が?彼の不可解な登場に、アレックスの心は乱れた。

内容(「MARC」データベースより)
海洋冒険家デイビットと別れて1年。リゾート地で働くアレックスの傷心はようやく癒えつつあった。ある日、彼女は浜で女性の死体を発見。しかしその直後死体は忽然と姿を消し、なぜかデイビットがリゾートの客として現れた…。

愛は秘密とともに―華麗なる逃走〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
メリンダはフロリダの砂浜で車を快調に飛ばしていた。今日は絶好のサーフィン日和だ。ふとバックミラーに目をやると、見慣れぬ青いセダンがぴたりと後ろをついてくる。いやな胸騒ぎがするわ。昨日送られてきた小包と、何か関係があるのかしら?次の瞬間、メリンダの車は猛スピードで追突され、海中へと押し出された。頭が痛い…このまま死んでしまうの?間一髪、彼女は、全身黒ずくめの精悍な男性に救出された。お礼より先に、意外な言葉が口をついた。「あの、私は誰?」。

内容(「MARC」データベースより)
フロリダの砂浜を車で走行中のメリンダは、後方から猛スピードで追突され、海中へと押し出されてしまう。間一髪、彼女は、全身黒ずくめの精悍な男性に救出された。お礼より先に、意外な言葉が口をついた。「あの、私は誰?」

淑女と野獣 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
この醜い傷跡を見る人は誰もがわたしを“茨の城の魔女”と呼ぶ。幼いころ事故で顔にやけどを負ったメリッサは彼女を魔女だと騒ぎたてるメディアや人々の迫害を避け、古城でひっそりと暮らしている。気晴らしといえば、恋愛映画のビデオを見ることぐらいだ。醜い自分を愛する男性などいないとはわかっていても、運命の出会いに対する憧れは日々つのるばかりだった。ある日、メリッサは城門の脇に倒れている男性を発見する。意識のない男性を城でかいがいしく介抱するものの、所持品から彼が記者だと判明したとたん、同情は憎悪に変わった。わたしを世間から締めだしたメディアの人間は許せない!メリッサは家政婦に命じた。「彼を地下牢に入れなさい」。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
カーツ,シルヴィー
単発機に乗り、八時間単独で大陸横断飛行をしていたとき、パイロットになるのが望みでないことに気づいたという。その際、頭に浮かんでいた物語はフライトよりもはるかに楽しいものだった。パイロットの資格は取ったものの、翼をキーボードに代え、想像力を駆使して愛とスリルに満ちた作品を生みだし続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

罪深きプリンス (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
これは…夢?わたしは幻覚を見ているの?ルアンヌは朝のまばゆい光の向こう側に信じられない現実を見た。そう、最愛の男性の姿を。かつて孤独と貧しさに疲れきった彼女は、ただ一人優しさを示してくれた異国のプリンスにすべてを捧げた。だがプリンス・アレクサンダーが愛をささやいたのはその一夜だけ。すぐに彼は町をあとにし、ルアンヌは一人取り残された。あれから十一年―プリンスの恋愛スキャンダルを耳にするたびに胸をえぐる痛みをこらえつつ、必死で生き抜いてきたのだ。今ごろ姿を現すなんて、どうして…?険しい表情で歩み寄る男性に、彼女は思わず背を向けた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
テンプルトン,カレン
演劇を専門に学んだが、やがて衣装デザインの道へ転向。ニューヨークで十二年間暮らし、衣装デザイナーのアシスタントをはじめ、多くの仕事を経験、生涯の伴侶とも巡り合う。ニューメキシコに移ってからロマンス小説の執筆に専念する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

禁断の口づけ―危険を愛する男たち〈6〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
海軍特殊部隊でも極秘任務を担うグレー・グループに属する者は、たとえ任務が成功しても脚光を浴びることはなく、敵に捕らえられても政府の助けは期待できない。これまで、クラッシュ・ホーケンは多くの仕事をこなしてきた。張りつめた日々のなかでクラッシュが唯一くつろげるのは、十歳のときから母親がわりに育ててくれたデイジーの家だけだ。彼女は海軍大将ジェイクと二十年近く同棲を続けている。そのデイジーを不治の病が襲ったと聞き、クラッシュは動揺した。デイジーの秘書ネルは、初めて見る彼の姿を心に焼きつけた。その日、初対面のとき以来惹かれ合っていた二人は、情熱ではなく同情に駆られて、初めて互いを抱きしめた。だが、デイジーが永眠したあと、クラッシュは姿を消した。一年後、ネルはテレビに映った彼を信じられない思いで見つめた。海軍大将暗殺犯?まさか!クラッシュがジェイクを…。

プリンセスのためらい―世紀のウエディング〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
幼いころ行方知れずになった兄を探す四人の王女たち。三番目の王女キャサリンは、ある実業家の屋敷を訪ねるが、多忙を理由に何度も門前払いをくわされてしまう。でも彼のビジネスパートナーに関する情報をつかむまでは、身分を明かすことはできない。そう思いながら再び連絡を取ると、今度はすんなり受け入れられた。どうやら教育係の応募者と間違われたらしい。当主のトレイ・サザランドは妻亡きあと子供たちに手を焼き、一方、子供たちは母親を失って愛に飢えていた。誤解を訂正しないまま仕事を引き受けてしまったキャサリンは、やがて、普通の女性として人を愛し、愛されることを知る…。いかにも王女といった華やかな姉たちや妹に比べて、控えめで地味なキャサリン。が、王女だとは知らず彼女を愛した男性は、実は奔放で情熱的な女性だと見抜いていた。

[高収入バイト情報] [鶯谷・うぐいすだに] [千葉の印刷なら千代田印刷] [電子たばこ] [アキバ中毒のページ] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [東京ぶらぶら] [美容外科] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [台東クラブ] [ハロー!江東区!] [GOGO!江戸川区!] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [台東紀行] [墨田区紀行]
[ロマンス天国〜シルキーシリーズ] [ロシアの読み物]

oooラーメン!つけ麺!僕イケメン!ooo 川は生きているooo ショッピング 検索ooo 千葉県の重要文化財一覧ooo ~品川の街~ooo ジムジムフィットネス@千葉市ooo ベビー、キッズ、マタニティ.コレクションooo シブヤをよく知る為のサイトooo 生活、インテリア.コレクションooo 千葉天ぷら・千葉天ooo 千葉野菜王国ooo 芸能人女子フットサルooo 千葉のトピックス!ちばとぴっ!ooo 千葉とんかつooo 千葉文化ぶんか!ooo 映画を見に行こうよ!@千葉ooo 神奈川いいとこじゃん!ooo 木更津市をもっと知りたい.com!ooo 酒と泪と男と女 酒場.comooo 伊豆諸島を巡ってみよう!江戸川区!ooo